メリット・デメリットはあるもの

インプラント治療のいいところは、普通の取り外し可能な義歯や、ブリッジによる治療と違い、残された歯に依存せずに義歯をしっかり固定できることだそうです。 残っている歯を削ったり、残っている歯に義歯を安定させる為の装置をつけたりしなくても済みます。 入れ歯のように安定剤も必要ありませんし、ずっと埋めっぱなしにできるので、自然の歯と同じように使うことができ、違和感もありません。 自然な歯に近い噛み心地でものを食べることができます。 また、見た目も自然な感じにできるのもいいところです。 入れ歯が合わなくて悩んでいる人や、周りの歯の健康を守りたい人に適した治療法だと言えるでしょう。 一方で、デメリットは、治療期間が比較的長くかかることです。 私の身内でインプラントを経験した人は、約6ヶ月間、治療をした方の側でものが噛めなかったそうです。 手術が必要で、麻酔をしていても痛いというのも、もちろんデメリットですね。 それから、お金の問題があります。 インプラントは、現在のところ、保険のきかない治療法なのだそうです。 私の身内は、一本インプラントを埋め込むのに50万円かけたそうです。 もう安い、手に届きやすい価格でできるところもあるみたいですが、骨に手術を施す大変な治療法ですから、よく腕のいい歯医者さんを探して、多少高くても安心できる歯科医院で治療をする方が安心でしょう。 それから、タバコは吸ってはいけないそうです。 あとは、数ヶ月に一度の定期検診や、毎日のお手入れが大切になってきます。 もっとも、お手入れの必要性は、普通の義歯やブリッジでも同じことですね。 加えて、インプラントをするには、しっかりした顎の骨が必要です。 土台がしっかりしていなければ、ネジを埋め込むことができないのは当然のことですね。 顎の骨がインプラントに適していない場合の対処法としては、骨の移植や、ショートインプラントによる方法もあるみたいです。 どこか体の一部から骨をとってきて、顎に埋める…普通のインプラントでも後込みするのに、これは相当精神的な意味でハードルの高い治療法ですね。

投稿情報